デザイン

ブロンズ雨滴のアートインストレーション – Kinetic Rain

ART+COM によってシンガポール・チャンギ空港の第一ターミナルに608滴のブロンズ雨滴のアートインストレーション “Kinetic Rain” 。 洗練された銅と軽量のアルミニウムとコーティングで作られた雨滴は、ホールの天井に隠されたコンピュータ制御モータにより正確に浮遊移動します。 “Kinetic Rain” Singapore Airport from ART+COM on Vimeo.

Published: 2012年7月6日 | Category & Tags: デザイン, | Comment: 0

風と太陽と水と。ダイワハウス 風流鯨

ダイワハウスの小型風力発電機、風流鯨(かぜながすくじら)。 思わず笑顔になってしまうデザインです。 空にクジラ !? って、思いますよね。 Web サイトでは、海から飛び立ったクジラが、風流鯨(かぜながすくじら)になるというアニメーションから始まります。 http://dl.daiwahouse.co.jp/eco/kazenagasukujira/top.html 風を電気に変えながら、空という大海を未来に向けて泳ぎつづけます。 まぁ… 設定はともかく、とても愛らしくクリーンな印象の小型風力発電機ですね。 また 2006年には、グッドデザイン賞 “商業デザイン部門” を受賞しています。 風流鯨(かぜながすくじら)は、公園やホテルなど、私たちの身近で泳いでいるらしいです。 天気の良い日は、季節の変化を肌で感じ、耳で楽しみ、目で発見しながら、上を向いて散歩しましょう! 誰もいないときは、鼻歌もいいですね。

Published: 2011年10月4日 | Category & Tags: デザイン, , | Comment: 0

ダウンロードしたフリーフォント Summer 2011

Spring 2011 に続き、かたやよった好みをもつ僕が、最近ダウンロードしたフリーフォントをご紹介! Delius Regular さりげなく表現された筆圧が、とても愛嬌があります。ゆるい印象がありますが、しっかり考えて作り込まれている。とても好感が持てるフォントです。 Delius Swash Caps Regular 上で紹介した Delius Regular の大文字に、アクセントを加え、遊び心が加わりました。 Pironv2 Stencil 文字の部分を切り抜き、インクが通過しやすくしたステンシルフォント。今では、ミリタリーを代表するフォントのように認識されがちですが、このフォントはかわいらしくていいですね。 Quiller 僕がデザインをする上で、このフォントを使用する機会はないと思うのですが、なぜでしょう… ダウンロードしちゃいました。

Published: 2011年9月17日 | Category & Tags: デザイン, | Comment: 0

クジラのティッシュケース

地方によって異なると思いますが、小学校の夏休みってそろそろ終わりですよね。 夏休みの自由工作は終わりましたか? 低学年のお子さんがいる方は、親御さんが題材を決めるご家庭も多くはないと思います。 こんなクジラのティッシュケースはいかがですか?簡単に作れそうですし、何よりかわいいですよね! WHALE TISSUE HOLDER http://www.ignant.de/2011/08/17/whale-tissue-holder/ うちの娘ちゃんは、1歳5ヶ月なので全然必要ないんですが、小学生になったら一緒に作ってみたいな〜って思いました。 僕には、こんな苦い思い出があります。 幼いときに、父の日の作ったプレゼントが1週間もしないうちに、父の仕事場から消えたんです。 子どもながらに「捨てたんだ!」って傷ついたのを覚えています… (笑

Published: 2011年8月20日 | Category & Tags: デザイン, 子ども, , | Comment: 0

今年最初の種まき

アインシュタイン先生 の「種を蒔きつづけよ」のお言葉を胸に、今年最初の種を蒔くことにしました。 Bluespeaker こと Hirofumi Yasutomi のデザインプロジェクト Ludhaus 。 意味は「光の屋根の下の家」ドイツ語です。 これからどう活動していくとか今は何も考えていません。種をまいた… ただそれだけです。

Published: 2011年4月2日 | Category & Tags: デザイン, 思いごと, | Comment: 0

ダウンロードしたフリーフォント Spring 2011

仕事で使用するフォントに関しては、その都度、使用したいフォントをダウンロードしますが、個人的に気に入ったフォントに関しては、バックアップをとっています。 今後は、かたやよった好みをもつ僕が最近ダウンロードしたフリーフォントも紹介していこうと思います。 Fanwood 久しぶりにオーソドックスなセリフ書体をダウンロードしました。 Dekar 個人的には、文字間隔 (カーニング) を詰めて使用してみたいです。 Banda 動物の肉球のようなセリフを使用し、とても愛らしく仕上げています。

Published: 2011年3月31日 | Category & Tags: デザイン, | Comment: 0

高速道路標識の文字が ヒラギノ角ゴシック W5 に!

東日本、西日本、中日本の各高速道路会社 (NEXCO) は、高速道路の標識に使われてきた「道路公団標準文字 (公団ゴシック)」の使用を止め、2010年より日本語は「ヒラギノ」英字は「Vialog」数字は「Frutiger」を使用することにしたそうです。 ヒラギノは Apple OS の Mac OS X 10.0 から内蔵フォントに採用された文字ですので、Apple の製品を愛用している方は、Welcome! って感じでしょう。 普段の僕なら同じように感じるところなんですが、文字のこととなると… ちょっと… どーかなぁ… と。 簡単に歓迎するムードにはなれないんです。 旧日本道路公団が独自開発した「公団ゴシック」は、画数の多い文字の一部を省略したり、バランスを崩して視認性を確保するなど「100km/hで100〜150m手前から6秒以内で認識できる」という原則に則ってデザインされているのが特徴でした。

Published: 2010年12月16日 | Category: デザイン | Comment: 0

ブルーノ・ムナーリのことば

ブルーノ・ムナーリ 1907年10月24日 – 1998年9月30日 イタリアの美術家・グラフィックデザイナー・プロダクトデザイナー・教育者・研究家・絵本作家 (ムナーリには多くの顔がありその全体像は掴みにくい) 彼の言葉は実にシンプルで、はかなさの中に人間味を感じます。そこには、彼の作品の数々と同じように、強いメッセージが込められているのです。下記の本は、ムナーリ自らが言葉を選んで再編集し、1992年に出版された、ムナーリ特選短文集です。   ムナーリのことば - ブルーノ・ムナーリ 著 – 誰かが これなら僕だってつくれるよ というなら それは 僕だって真似してつくれるよ という意味だ でなければ もうとっくにつくっているはずだもの

Published: 2009年10月22日 | Category & Tags: デザイン, , , | Comment: 0

芯がトガり続けるシャーペン

かゆいところに手が届いたアイデアですね。 試し買いしてもよい価格なので、一度使ってみようと思ってから早10ヶ月… まだ買っていません。 自動芯回転機構クルトガエンジンとは? シャープペンの芯先に初めて注目して、新開発した機構です。機構内部が3つのギアに分かれており、芯に連結された中ギアが、文字を書くときの筆圧を利用して、上下に運動します。上下のギアと斜めに噛み合うことで、一画書く度に中ギアと芯が少しずつ回転します。一画で約9度回転し、40画で1周します。– 三菱鉛筆株式会社 参照 みなさんも鉛筆を使っている時、無意識に持ち替えて使ってたのではないでしょうか。誰もがしているちょとした習慣を、シャープペンで実現したのがこの商品。シャープペンの芯も鉛筆に比べればトガッているのですが、それに慣れてしまうと欲が出てしまうんですよね。

Published: 2009年8月29日 | Category & Tags: デザイン, | Comment: 0

We Love Dick Bruna

誰もがわかる究極のアウトライン 何かわかりますよね? そうです… ミッフィー! ディック・ブルーナ (Dick Bruna 1927年8月23日生) オランダのイラストレーターで絵本作家でもありグラフィックデザイナー。ナインチェ・プラウス (うさこちゃん, ミッフィー) やブラック・ベアの生みの親。 僕の実家にはいまだに小さい頃、手にふれたミッフィーの本があります。そんなミッフィーの壁紙を発見! 今現在、僕と彼女のパソコンのデスクトップはこんな状態です↓

Published: 2008年11月25日 | Category & Tags: デザイン, | Comment: 0