Google リーダーを使用して Safari 6 で RSS を表示する

Safari 6 から、RSS リーダー機能が無くなってしまいましたね。
Apple がどうしてこの決断に至ったのかはわかりませんが、私のような Web デザインの制作に関わる人には、ブラウザの RSS リーダー使用する理由があります。
大きなメリットとしては、素敵なサイトや小技方法を得たときに、すぐに要素を見て検証したりすることができることです。

無理に Safari を使うことも無いという意見は重々承知しておりますが、Safari ファンの私としては、誰かが Safari 6 の RSS 機能拡張を開発することを期待してしまうのです。
それまでの間、私は以下の方法で Safari 6 で RSS を使用していこうと思います。

Safari 6 で RSS を表示する

※ この方法は Google をログアウトする必要があります。

このサイトの RSS フィードの URL は feed://www.bluespeaker.jp/feed/ となります。
このままアドレスバーに入力すると、Mail が起動してしまいます。
そこで Google リーダーを使用します。

Google ログアウト時 Google Chrome で、RSS Subscription Extension を使用し、このサイトの RSS を表示すると以下の URL が表示されます。

http://www.google.com/reader/view/feed/http%3A//www.bluespeaker.jp/feed/

この URL を Safari でブックマークします。
ブックマークする度に、Google Chrome を使用する必要はありません。

http://www.google.com/reader/view/feed/http%3A//

の後に、購読したいサイトの RSS または Atom フィードの URL を入力しブックマークするだけです。
サイトの RSS または Atom フィードの URL を調べるには Subscribe to Feed extension が便利です。
また、情報ごとにフォルダに分けてブックマークしておけば “すべてのタブを開く” で、一気に表示し閲覧することができます。

※ 新しい記事が追加されてもブックマークバーに数は表示されません。

現在、私の RSS 購読数は約70です。
すべてをブックマークし直すのは大変でしたが、以前の Safari の RSS リーダーよりも動作が速く快適です。

Google をログアウトするのがちょっと面倒ですが、とりあえずの方法として一度試してみてはどうですか?

About this entry

2 Comments

One Response to 2

  1. yonda より:

    お探しなのは、こんな拡張機能でしょうか?

    http://cmonos.jp/blog/2012072700/1.shtml

    • Yasutomi より:

      Yonda さんお久しぶりです。
      一度インストールして使用したのですが、RSS 自体をブックマークできる訳ではないので、使用するのをやめました。
      また情報がありましたが、また教えてください。
      コメントありがとうございました。

Yasutomi にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です