中国の GDP は6年前にすでに日本を抜いていた?

民族や宗教問題にはあまり触れたくはないのですが、あまりに驚きの内容だったので記事にしました。
興味を持つきっかけとなったのは “池上彰の世界を見に行く” という TV 番組でした。
個人で調べた内容とあわせて紹介します。

中国の隠れた収入を GDP に加算すると、日本の GDP を6年前に抜いていたのではないかという内容です。
そのカラクリは “灰色収入” という聞き慣れない収入源にあるようです。

中国の5種類の収入

想像以上に裕福なのは “灰色収入” のある限られた人たちだけです。

具体的に “灰色収入” とは、タバコやお酒などのワイロ、近年ではプリペイドカード!などをお金に換金したものです。

そうした結果、中国では格差社会の深刻さを象徴する事件が多発し、民衆の怒りが爆発しデモが起きています。
そのデモが起きることを中国当局は懸念し、インターネットなどの情報操作 (規制) を行っているようです。

格差問題を解決するには、全体収入のうち “白色収入” の比率を高めないといけないということなのです。

中国の2種類の戸籍

そのために、こんなことが…
国が食糧不足に陥った際に、“都市戸籍” は、食糧の配給を受ける権利があるが、“農民戸籍” は「農地があるから」という理由で、食糧は基本的に自分で確保しなければならない。
そのため、都市に食糧を上納した農村では、大量の餓死者が出るというような状況があったそうです。

番組内で強調していたのは、教育の面でも差別があり “農民戸籍” の人たちには、夢を見ることができないような現状があるということでした。

意を決して、私が一緒に仕事をしている、中国人の方に、2種類の戸籍について聞いてみました。
そうするとすぐに「しょうがない!」と答えが返ってきました。
とても頭が良く柔軟で、日本人と間違えてしまうくらい礼儀正しい彼女でさえも、簡単にそう言い切ってしまう…
それほどの問題なのだと、根の深さを感じました。

About this entry

No comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です