スティーブ・ジョブズのスピーチ

Apple Compter 創立者 CEO のスティーブ・ジョブズが Stanford 大学の卒業生に向けて話した祝辞スピーチ。2005年6月12日に行われたこの感動的で素晴らしく、考え深いスピーチが、いろいろな人に影響を与えそして多くのブログで紹介されています。

スティーブ・ジョブズのスピーチ (日本語訳)

* * * * *

スピーチを聞いて(読んで)…

最初の話は、点と点をつなぐ。
あなた達は、先を見て点と点を結びつけることは出来ないが、過去を振り返ると繋げることが出来るのです。
点と点が繋がって道となると信じることで、心に確信がもてるのです。

点とはもちろん自分がこれまでやってきたことを指しています。それが繋がって道になるって、きれいな表現ですよね。ここで注目すべきはやはり「信じる」という言葉です。
これが結構しんどい。むしろそれを楽しまなければいけないのかもしれない。
ちょっと話がずれますが。
僕は、人を感動させることの大きなキーワードは「信じる」ということだと、づねづね思っています。わかりやすいのが映画ですよね。人を感動させるストーリーの奥底にあるキーワードって「信じる」なんですよ。
案外簡単なようで、難しい。だから、人が求める「キーワード」なのかもしれない。

話の中で タイポグラフィ についても触れている。

セリフとサンセリフ書体、文字間の調節そしてタイポグラフィなどを勉強しました。
それは、美しく、歴史があり、芸術的に功妙で、科学ではとらえられないものでした。

僕もその タイポグラフィ に興味を持った一人です。専門学校の僕の卒業制作は「タイポグラフィの街」という作品でした。僕の話は、まぁ いいか…
驚くのは、彼(スティーブ・ジョブズ)がそういった授業を受け、そして感動を憶えたということです。

愛と喪失
マッキントッシュを出して1年後、30才で首になりました。破滅的だった。
ひどい味の薬でしたが患者(自分)には必要だったのでしょう。

人生ではレンガで殴られるようなことが起きることがあります。
信念を失ってはいけない。私は自分のやったことを愛せたから続けてこれた。

みなさんも自分の好きなことを見つけなければいけない。
それは仕事でも恋人でも同じです。
偉大な仕事をする唯一の方法は、あなたのする仕事を愛することです。
だから見つかるまで探し続ける事、止まってはいけない。

本当に満足する唯一の方法は、素晴らしいと信じる仕事をすることです。

学生には、目をつぶりたくなるよな、まぶしい言葉だったでしょう。
自分のやりたいことを見つけることができないと、悩んでいる若者はそう少なくはないだろうし、大半がそうだと言ってもいいかもしれません。
多くの人に影響力のある彼がこの場で「愛せる仕事を見つかるまで探し続けなさい」と言うことは責任がある重い表現です。

誰もが願う、何でもいい… 何かのパイオニアでありたいと…
愛せる仕事を探し続けた人に、どんな人生が待っているのだろうか…
自信を持って言えるのは、この言葉を言い放った彼自身、まだ愛せる何かを探し続けているからなのかもしれません。

死について
「一日一日を最後の日として生きよう。いずれその日がやってくる」
「今日が人生最後の日だとしたら、今日やる事は本当にやりたい事だろうか」

あなたが死を意識する事が、失うことを恐れない最良の方法なのです。
あなたたちは既にありのままなのです。
思うままに行動しない理由はないのです。

私はガンを告知された経験から、私はより確信を持ってあなたたちに言えます。
死を意識したことは役に立ったが、たんに頭の中の概念でした。
誰も死をのぞみませんよね、天国へ行きたいと言う人さへ死を望まない。

死は生における最も優れた創造物なのだから。

君たちの時間は限られている、だから無駄に誰かの人生を生きないこと。

やはり最後の話は …ですね。

以前、僕も死についていろいろな本を読みあさったことがあります。
一番影響を受けたのは、ラムサ – 真・聖なる預言 という本です。
そして以前このブログでも紹介した 今日は死ぬのにもってこいの日 という詩。

死をいつも横に置いて生きるということが、はたして今の僕にできるのだろうか…
ただ、絶対に目を背けてはいけないって思うし、意識はしておこうって思う。
 最も優れた創造物かぁ… でかい、でかすぎる。そして重い。
  「今を生きる」そんなタイトルの映画があったなぁ…
    … あぁ だめだぁ、やっぱ重すぎる。

よ〜し、がんばって生きるぞ!

最後に彼は、こんな言葉で締めてくれました。

Stay Hungry. Stay Foolish.
ハングリーであれ、馬鹿であれ

Thank you …

初めて僕が手にした PC は PowerMac 7500/100 という物でした。当時、ディスプレイとキーボドを合わせて40〜50万ぐらいだったと記憶しています。
高校生だった僕は、その頃から Mac ユーザーで Apple のファンでした。Apple ファンではありましたが、スティーブ・ジョブズのことはあまり興味もなく、好きでも嫌いでもありませんでした。
今回このスピーチを聞いて、彼をすごく身近に感じられました。
本当に、素晴らしいスピーチでした。(かっこ良すぎるスプーチにちょっと嫉妬)

よおぅ〜し 今日からじゃなくて、今から楽しんで生きましょか!

About this entry

3 Comments

One Response to 3

  1. suimi より:

    bluespeakerさん、ご無沙汰しております!
    先日、知り合いの人のブログでこのスピーチが紹介されていたんですが・・・
    そのときは、何??という感じでスピーチを全く聞かずにいました。
    でも今回、bluespeakerさんのところへきて聞くことができて本当によかったです。
    点を繋ぐ。いい言葉ですね。
    日々、些細なことで悩み ひとりで焦って 結果や体裁だけを気にしている私にはすごくいい薬になりました。
    もっともっと、「いま」を大切にしようって。
    すみません、なんだかまじめ過ぎなコメントで。
    落ち込みすぎて↓抜け出せなかった感じだったのでホント助かりました。ありがとうございます。

  2. bluespeaker より:

    どうも suimi さん
    まだこの記事書いている途中なんですよ!いろいろなことが詰まっているのスピーチなので、記事にするのは大変です。
    でも、今現在の自分の感想を記事にしておけば、いつか読み返したときにおもしろいかなぁって思って、一生懸命書いてます。
    僕も同じでね、いろいろ悩むんですよ!みんな悩むんでしょうけど… だからこんなコト(ブログ)やってるのかもしれない。
    また、今回僕らが話したことがお互いにとって「点」になりましたね。
    この点が道になることを信じましょう ……ね。

  3. suimi より:

    私、途中でおじゃましちゃったみたいですね(笑)
    完結おつかれさまでした!
    bluespeakerさんが言われたように、こうして記事にすること。そして自分がそのとき感じたことを残すことは、これからの自分を信じることができるってことになるんじゃないかって…思います。

    みんなも悩んでいるんですね。

    お互いの「点」になったと、なんだかうれしい響きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です