Dashboard ウィジェットを常にデスクトップ表示

Dashboard へ追加した “Web クリップ” を、デスクトップに表示したまま作業をしたい時があったので、ちょっと調べてみました。
今更記事にするような内容ではないのですが、せっかくなのでまとめてみました。

Dashboard ウィジェットは、開発者用に “開発者モード” が用意されています。
開発者モードをオンにすると、好みのウィジェットをデスクトップに常に表示させたままにすることができます。

ターミナル

まず、アプリケーション / ユーティリティフォルダの中にある “ターミナル” を起動します。
以下のコマンドを入力して

Dashboard を開発者モードにする

defaults write com.apple.dashboard devmode YES

「return」を押してコマンドを実行します。
以下のコマンドを入力して

Dock を再起動する

killall Dock

「return」を押してコマンドを実行します。
これでターミナルの設定は終了です。

次に、Dashboard 上でデスクトップに残したいウィジェットを ドラッグしながら「F12」を押します。
すると Dashboard が解除され、ウィジェットがデスクトップ上に残ります。
元に戻したい場合は、同じ作業を繰り返すだけです。

削除したい場合は「Option」を押しながら、ウィジェットの上にマウスカーソルを置くと「×」が表示されるので、クリックすれば消すことができます。

OS が Lion の時は?

OS が Lion の場合は、ドラッグしながら「F12」を押しても、Dashboard が表示されるだけです。
Lion で Dashboard ウィジェットを常にデスクトップ表示するには、以下の作業を行います。

About this entry

No comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です